日本型鉄道模型 HO/16番専門のメーカー&プロショップ

造形村

造形村製品情報


造形村DD54発売中!!

造形村 DD54

DD54は昭和41年(1966)から40両製造された亜幹線用ディーゼル機関車です。西ドイツの技術を導入し、軸重軽減のため、B-1-Bとした特異な軸配置が特徴です。昭和47年(1972)3月からは、東京-浜田間を結ぶ寝台特急「出雲」号を京都-浜田間でヘッドマークを掲げて20系を牽引しました。
短命に終わったDD54ですが、ローカル運用から特急運用までこなせる機関車ですので、ブルートレイン、旧型客車、貨車など牽引する車輌には事欠きません。そんなマルチなDD54を是非お手元に!!

造形村 DD54 3次形
DD54 3次型
¥24,800
造形村 DD54 5次形
DD54 5次型
¥24,800
造形村 DD54 6次形
DD54 6次型
¥24,800

造形村0系オプションパーツ新発売!!

造形村 0系新幹線 オプションパーツ 

先に発売された、造形村0系新幹線のオプションパーツが発売されました。
今話題のDCCサウンドデコーダーをはじめ、東海道新幹線開業時に装着していた光り前頭や、省略されていたトイレタンクなどをセットにした、床下ディテールアップパーツセットが発売中です。さらに楽しみ方が増えた造形村0系新幹線、これを機会にDCCサウンドを体験してみませんか?

製品一覧

0系オプションパーツ サウンドデコーダー

SRS・0系新幹線専用DCCサウンドデコーダー
0系の走行サウンドやタイフォン、発車ベルなどが収録されています。取付けも簡単で、26形(M車)にワンタッチで取付ける事が出来ます。

セット内容
DCCサウンドデコーダーLokSound V4.0 ×1
専用スピーカー ×1
ESU製マニュアル ×1

ファンクションキー一覧
F0 ライトON/OFFF6 待避線用低速モードON/OFF
F1 サウンドON/OFFF7 フランジ音
F2 タイフォン(長)F8 コンプレッサー作動音
F3 タイフォン(短)F9 ドア開閉音
F4 ベル(ATS指示音)F10 エアバルブ開放音
F5 ブレーキ開放音F11 発車ベル音

¥17,000

  • この商品を取付けての運転はDCC用のコントローラーが必要です。
    またすべてのサウンドを制御するにはファンクションキーが11以上ある制御機器が必要になります。
  • 従来のDCコントローラーでは操作制御は出来ません。破損の原因になります。
  • この商品はESU社製DCCサウンドデコーダーLokSound V4.0を使用してあります。

0系オプションパーツ 光り前頭

0系オプションパーツ 光り前頭2

SRS・0系専用光り前頭パーツセット
0系初期に装着されていた前頭部パーツです。製品の名前の通り前頭部が光る事からつけられています。

¥980

0系オプションパーツ 床下ディテールアップパーツセット0系オプションパーツ 床下ディテールアップパーツセット2

SRS・0系専用床下ディティールアップパーツセットA
トイレタンクなどを表現するパーツが入っているパーツセットです。妻板側の床下機器のスカスカ感を補うことが出来ます。

  • この製品は取付のために車体への加工が必要になります。

    ¥1,800


造形村製 0系新幹線0番代 発売中!

0系新幹線

0系新幹線とは

0系新幹線は、1964年の東海道新幹線開業時に開発された初代の新幹線車輌です。
1964年から1986年まで38次にわたり、改良を重ねつつ総計3,216両が製造されました。世界ではじめて200km/hを超える営業運転を達成し、航空機に範をとった丸みを帯びた先頭形状と、青・白に塗り分けた流線形の外観で、東海道新幹線のイメージを確立しました。
1964年の開業から、東海道・山陽新幹線用として足かけ44年にわたって運転されましたが、新型車輌の登場や老朽化で晩年は山陽新幹線区間のみの運転となり、2008年12月14日のさよなら運転をもってその歴史に幕を閉じました。

製品について

今回発売される製品は、東海道新幹線開業時の0番代車で、行き先案内が電動方向幕ではなくサボ標記になってるのが大きな特徴です。

0系新幹線1 0系新幹線2

0系新幹線3 0系新幹線4

0系新幹線5 0系新幹線6

画像はクリックすると大きくなります。

床下器具徹底した実車取材により再現された精密な床下機器の数々。整流器や発電機、コンプレッサーなど、しっかりと構造を把握して作りこんであります。
床下器具2エッチングパーツを使用した床下ルーバー。偶数車、奇数車、山側、海側の向きの違いもしっかりと作りわけしてあります。
妻板妻面は手すりを金属線で精密再現!連結は通電ドローバーを採用して、最小通過半径R550を実現。ご家庭でも充分楽しめる走行性能です。
屋根上先頭車の屋根上の通信アンテナも取り付けボルトまで精密再現!屋根側面ルーバーの段差の向きにまでこだわって作ってあります。

0系新幹線0番代セット内容

基本セット(4両セット)21形、22形、25形、26形(M車)¥45,000
増結Aセット(4両セット)15形、16形、35形×2¥40,000
増結Bセット(2両セット)25形、26形(M車)¥19,800
26形(M車)単品¥12,800

価格は税抜価格です。

まずはお問い合せください。

a:1468 t:3 y:4

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional