日本型鉄道模型 HO/16番専門のメーカー&プロショップ

よろず日誌

swfu/d/auto_EUBxEZ.jpg

「日誌」と云っても、その日の出来事だけにとどまらず、通常のページには収まらないようなネタを盛り込んだ「ブログ的雑記帳」です。当ホームページの中では、チョッと息をぬいた軽めな文章で、古ネタや鉄の話もしたいと思います。多忙の為、スパンが長くなるのはご容赦ください。


2020年2月15日 LD工房製「特製完成ストラクチャー」について

swfu/d/LD-0022_R.JPG

昨年末から取り扱いを開始した「LD工房製/特製完成ストラクチャー」をご紹介します。
現在在庫しているのは「複線機関庫」「技工所2点セット」「詰所3点セット」「洋館」ですが、それぞれ色や細部が異なる品があります。
一部を除き、ノースイースタン製の木製下見板をベースとしており、窓枠は当社のエンビ製又はグラントライン製を使用。屋根は当社プラ製日本瓦か波板はプラ又はキャンベルのアルミ製です。
組立はしっかりしており、機関庫では屋根裏の梁や、煙突のペチコートも表現。煙出しは細い角材をルーバー状に貼る手間をかけて、透けて見えます。
雨樋もそうですが、特筆すべきは全部がLEDによる室内照明が標準装備だと云う点です。スイッチ付きの簡易電池ボックスが付属していて、簡単に夜景も楽しめます。
特に洋館では室内に応接セット、ベッド、バスタブ、洗面台等の家具にプライザー製の人形まで入って居り、照明の効果十分です。
驚くのは価格で、これだけの作りで材料費を引いたら、手間賃も出ないのでは?
と思ってしまいます。手作り少量生産の為、運良く入手できた方はラッキーだと云う製品でしょう。

(あ)

複線機関庫
(7窓) 310×142×125H ¥24,000
(8窓) 320×142×125H ¥27,000
複線機関庫(7窓) 複線機関庫(7窓) 複線機関庫(8窓) 複線機関庫(8窓) 複線機関庫 複線機関庫


技工所2点セット ¥18,000
(技工所) 158×57×80H
(煉瓦倉庫) 50×40×43H
技工所2点セット 技工所2点セット


詰所3点セット ¥18,000
(2階建) 120×50×88H
(平屋) 100×50×55H
(木造倉庫) 90×50×50H
詰所3点セット(2階建) 詰所3点セット(2階建) 詰所3点セット(平屋) 詰所3点セット(平屋) 詰所3点セット(木造倉庫) 詰所3点セット(木造倉庫)


洋館
(ベージュ、グリーン) 104×60×95H 各¥12,000
(ブルー) 104×60×95H ¥13,000
洋館 ベージュ 洋館 ベージュ 洋館 グリーン 洋館 ブルー 洋館


全製品 LED室内照明 標準装備 (スイッチ付き 簡易電池ボックス付属)
スイッチ付き 簡易電池ボックス付属 LED室内照明 標準装備


※サイズ表示はいずれもおおよそで、縦×横は建物本体、高さは屋根を含みます。


2019年12月21日 ピノチオ 旧型国電キット、委託品入荷しました

車体、前面、妻板、床板、アングル、パーツはある物だけ付属

すべて¥12,000 (税別)

平クモハ40 023
平クモハ40 044
平クモハ42 009
平クモハ51 062
平クモハ51 069
平クモハ53 000
平クモハ61 003
平クハ47 104
平クハ68 418
平クハ68 011~023
平クハ68 401
平クハ68 403
半クモハ60 052
半クモハ60 056

一本限りの物もあります。

※電話でのお問い合せは原則お答えできません。
店頭販売のみ(通信販売のご利用は出来ません。)
※お支払いは現金のみになります。
※委託品のため返品交換・部品欠品などには対応できません。


2019年11月29日 まだまだあります「篠原製レール」

昨年の4月に廃業を告げられ、その後パニック状態が続いた「篠原製レール」ですが、1年に及ぶ最終生産の結果、かなりのご要望にはお応え出来たと思います。その結果として現在フレキシブルレールは完売ですが、ポイント類はまだかなり在庫もあります。もう入手不能と思い、問い合わせも少なくなっていますが、下記の在庫がありますのでお探しの方はお早めにお問い合わせください。                  

(あ)

N100
#4 ターンアウト L¥1,800
#5 ターンアウト R,L¥1,800
#6 ターンアウト R,L¥1,800
#6 カーブポイント R,L¥2,250
#8 カーブポイント L¥2,600
#4 ダブルスリップ¥4,850
#6 ダブルスリップ¥4,850
#6Y ターンアウト¥1,950
#6 スリーウェイ¥2,900
#6 シングルクロス R,L¥2,900
クロッシング 30,45,60,90各¥1,560
トランジッション線路(N100→83)¥550
N83
#8 ターンアウト R,L¥1,950
#2Y ターンアウト¥1,800
#3Y ターンアウト¥1,800
クロッシング 45,90度各¥1,560
トランジッション線路(N83→70)¥550
N70
#6 ターンアウト R,L¥1,800
#8 ターンアウト R,L¥1,950
#6 カーブポイント R,L¥2,340
#8 カーブポイント R,L¥2,470
#6 スリーウェイ¥2,900
#6 ターンアウト(枕木無し、バラキット)R,L¥1,200
クロッシング 30,45,60,90各¥1,560
N100スナップレール(12本組/バラ売り可)
9吋直線、
16,18,20,22,24,28,32,34,36吋曲線
¥280~460
9吋ターミナルレール¥550
B100スナップレール(12本組/バラ売り可)
9吋直線295mm直線、
16,18,20,24,26,28,30,32吋曲線
¥160~290
N60 ナロー用
97mm直線¥125
ジョイナー
#60用、#100用(金属)各¥150
#60用(絶縁)¥120
スペースタイ
#70用、#100(PC)用各¥150
レールクリーナー¥300
カプラーハイトゲージ¥200
ジョイナーレス・ジョイント¥1,200
レール矯正器¥800



2019年11月28日 諸河久著「モノクロームの軽便鉄道」入荷

swfu/d/20191127130709_00001_R.jpg

昨年9月、写真展「軽便風土記」を開催した写真家、諸河久氏がその出展作品に加え未発表作品を加えた写真集を出版されました。あとがきにあるように単なる写真集ではなく軽便各社の沿革や車両の解説を包括した「総合的な軽便鉄道の書籍」になっています。高校に進学してから始めた軽便行脚は「残っている軽便を全部回ろう」になり、大学へ入って「全国軽便巡り」を達成したという、思いは同じでも達成出来なかった私には羨ましい限りです。全てアマチュア時代の作品ですが、やはり素晴らしいカメラアイで撮られていて、すべての軽便ファンにお勧めの一冊です。特に情景写真が多いので、レイアウト指向のファンには参考になると共に、制作意欲をそそられること間違いのない写真集です。掲載されているのは下記の通りです。
井笠鉄道、下津井電鉄、三重電気鉄道、尾小屋鉄道、遠州鉄道、静岡鉄道、頚城鉄道自動車、越後交通、日本硫黄観光鉄道、仙北鉄道、花巻電鉄、歌登町営軌道。

諸河久著「モノクロームの軽便鉄道」写真で巡る1960年代
B5版/168ページ イカロス出版発行  ¥2,300(税抜き)

通信販売の場合は¥2,300+消費税¥230+送料¥370=¥2,900をご送金ください。

(あ) 


2019年10月31日 オレンジカンパニー On用パーツ19種・新発売

swfu/d/IMGP0297_R.JPG

本格的なナローキットでファンを魅了してくれた、いまやレジェンドと云える「オレンジカンパニー」。軽便祭会場でのOnの盛り上がりを見るにつけ、今こそ「オレンジカンパニー」の出番ではないか?と思うのですが、時期尚早だったようで、残念でなりません。
新製品の発売が望めないので、せめてパーツだけでも…との思いから、今回そのキットに使用されたパーツの内、汎用性の高いモノを当社より分売する事となりました。
まだまだ市販パーツの少ないOnの世界が、これにより少しでも広がって行けばと願っています。第一弾はホワイトメタル製パーツ19種(ラインナップは→こちら)ですが、ロストワックス製も順次発売を予定していますので、ご期待ください。

(あ)


2019年9月25日 「軽便鉄道模型祭の講演会」

swfu/d/yorozu-2019.9.25b.jpg

「軽便祭」のプレイベントとして前日に開催される講演会は、すっかり定着して私も毎回楽しみに参加していました。以前より講演の打診を頂いておりましたが、私には敷居が高くて、ずっとご辞退しておりました。しかし私も段々と先が無くなって来て「誘われる内が花」かと、今年ついにお受けすることになりました。
タイトルは「城新鉄道~エコーモデルへ」。アマチュア時代の撮影行や城新鉄道の建設、そしてプロとして創業に至る歴史を、また後半では頚城、尾小屋、台湾等の情景とその思い出をお話しします。
「今なら話せる事」そして「話しておきたい事」を語りますので、宜しかったら、是非お出掛けください。

日時:9月28日(土) 開場13:00  開演13:30  17:30頃終了
会場:人形町、綿商会館4Fホール   入場料:¥1,000

(あ)


2019年9月8日 珊瑚模型店 お宝キット入荷!

惜しまれながらメーカーを閉じた珊瑚さんですが、先日問屋さんの棚に眠っていたのを発見!早い物勝ちですからお急ぎ下さい。

16番EF57¥103,200
EF57 EG¥102,400
タンク車ア1900¥9,500
セムフ1 16.5mm¥5,800
Oナロー理髪車¥27,000
貴賓車¥23,000
木曽森林鉄道 ボールドウィン 中期型¥82,000
制動車(木曽森林カブース)¥9,800

横線のある商品は売り切れです。

その他の珊瑚製キットの在庫は在庫情報をご覧ください。


2019年8月18日 「井戸ポンプと流し」キット、31年ぶりに再生産!

swfu/d/IMGP0277_R.JPG

全部金属製パーツながら、接着剤だけで簡単に組み立てられるストラクチャーキットとして、昭和63(1988)年9月に発売された「井戸ポンプと流し」キットが実に31年ぶりに再生産発売となりました。
当時の当社のストラクチャーキットはSTウッドの下見板を一枚一枚貼る手間の掛かるもので、小物でも簡単に出来るキットを企画し、まだレーザーカットの技術が無い時代だったので、角材のカットと組み立てが不要なホワイトメタル一体のパーツ構成による、この製品を設計しました。ロスト製のポンプとホワイトメタル製ながら極致に繊細な竹垣パーツが見せ場です。

今なら茶染液「スーパーブラウン」を使えば、塗装も不要で完成します。

又、竹垣には「ミニネイチャー」で好みの植物を絡ませるのも、楽しそうです。
民家の脇はもちろん、機関区の片隅などにも似合うので、是非お作りになってみては如何でしょうか?

(あ)


2019年6月28日 ピノチオ 旧型国電キット、委託品入荷!

旧型国電キットの委託品入荷致しました。
 車体、前面、妻板、床板、アングル他、パーツ一式付属
クモハ50 000
クモハ50 008
(平)クハ68 405

 車体、前面、妻板、床板、アングル他、パーツはある物だけ付属
(平)クモハ42 009
(平)クモハ43 000
(平)クハ47 114
クモハ50 002
(平)クモハ61 005
(半)クハ68 412

 車体、妻板、床板のみ
サロ75 000

一本限りの物もあり。

6月29日(土)より販売します。

完売しました

※電話でのお問い合せは原則お答えできません。
店頭販売のみ(通信販売のご利用は出来ません。)
※お支払いは現金のみになります。
※委託品のため返品交換・部品欠品などには対応できません。


2019年5月9日 「第58回静岡ホビーショー」へ行って来ました。

画像の説明

今年も静岡ホビーショーに行って来ました。
先ずは「TOMIX」ブースへ。今回は1/80の新製品発表は無く残念。展示はGW前に発売になった70系と再生産で7月発売予定のEF81(トワイライトエクスプレス)、8月予定の24系客車のみ。
予告として7月発売でコキ104形(西濃運輸コンテナ付)、コキ107形(増備型・コンテナなし)があり、同時にコンテナ4種の再生産も発売されます。

画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明

又新しいシリーズとして「鉄顔(てつがん)コレクション」がスタートします。これは1/80スケールで前頭部のみを形にしたディスプレイで、ブラインドパッケージ販売となり、第一弾はE231系と113系の6種。トンネルから顔を出したようにディスプレイ出来るカードケースも発売するなど、今後が楽しみなシリーズで、予価は¥1,000です。多分車体を自作して模型化を考える方も多いはずです。

画像の説明  画像の説明

一方の「KATO」ですが、こちらも今回は新製品発表はありませんでした。
唯、発売前に予約完売してしまったキハ81が早ければ年内にも再生産されるようで、買えなかった方には嬉しい情報でしょう。(キハ81 再生産分 ご予約受付中です)
最近はウッドランドに続き、毎回ノッホ社のジオラマ材料の実演に力を入れており、作例も色々と展示されていました。
篠原の廃業の後、フレキ系レールはPECO製品に頼らざるを得ない状況の中、従来の機芸出版→プラッツだけの供給だったのが、KATOも新規取扱を開始し、全種類取扱のプラッツに対し、価格も含めてどうなるのか、注目です。
PECOで今回最大の注目は、長らくコイル式だったポイントマシンに対し「Smart Switch」と云う、サーボモーター式の製品の発表です。
ポイント4個分のセットで予価¥13,000は、スローアクションとほぼ同価格ですが、スペースと使い勝手、セット販売の点で選択に迷う所でしょう。

画像の説明 画像の説明 画像の説明

アオシマの1/45では発売中の「EF66(後期型)」に続き、(前期型)が7月発売予定で
ウェザリングされた作品と共に展示されていました。

いまや鉄道模型もプラが主流であることは間違いなく、その点でプラモデルと共通の部分が大きくなっています。
今回、最大手「タミヤ」とナノシリーズ等の超細密プラ製品を提供し続けて、マニアックな独自路線を行く「ファインモールド」の2社が、ブース内に「プラモデルの出来るまで」を展示。3D-CADによる設計から、金型の製作、射出成型まで現物を展示してあり、興味深く見て来ました。最新のシステムに対し、昔の手書きによる設計図が逆に印象的でした。

11、12日の一般公開日は全国からのプラモデル合同作品展もあり、さらに今年は同じ日に「グランシップ トレインフェスタ2019」も開催されますから、是非静岡にお出掛けになってみては如何でしょうか?

(あ)


2019年4月27日 悲願の「ホンダ スーパーカブ」ついに発売!

画像の説明 画像の説明 画像の説明 

当社の古いカタログ「VOL.6」昭和63年1月発行で予告以来、実に30年。
平成をまたいで、危うく新元号になるかと思いましたが、ぎりぎりで発売となりました。

当時は当然「ミゼット」のようにホワイトメタルでの製品化を考えていましたが、ロストワックスを併用しても、カウリングやフェンダーの薄さを再現するのに納得できるような方法は見つかりません。
さらに、ワンピースの塊ではバイクとしての質感、さらに塗り分け等々問題が多過ぎました。やがて製品化は凍結し、時だけが過ぎて行ったのです。
そして、一昨年発売の「プラ製塗装済み完成・自転車」の開発により技術的な目途が立ち、GOサインを出しました。

その人気を象徴するように「スーパーカブ」は各社から様々なスケールで多くのプラモデルやミニカーが発売されています。
しかし1/80スケールでは、まともな製品は無く、食玩のおまけレベルのワンピースの塊然としたもの程度でした。
やはり出すからには当社ならではの物にしたく、「カブ」のフォルムを追求する為、何度も金型を作り直し、アレコレ2年近くを費やした末、やっと製品として発売出来ること
となりました。
本当に30年、お待たせいたしました。お待たせした分、それなりに自信を持った製品をお届けできる満足を感じています。

製品は初代「C-100型」を基本とし、4色の車体色と3種類の荷台とシートの組合せで9種類をラインナップ。様々なシーンを再現出来るようになっています。
「自転車」もそうですが、やはり塗装済み完成品に意義があり、昔とは違いレイアウトのアクセサリーは並べるのを楽しむモノで、作るのに苦労する時代ではないと思います。
実際、この製品はプラ成型した各パーツを切り離し、塗装して接着、組立てているのですが、仕事とは云え、これを何千台も組むのは気が遠くなる作業のはずです。
塗装と云っても、現在は細密印刷による部分も多いのですが、シートの下にある「Super Cub」のエンブレム等は驚異的と言わざるを得ない技術だと思います。
遠目にも「スーパーカブ」を示す部分だけに、拘ったところです。
さらにカウリングの穴からキャブレター部分が見えるところなど、1/80としては極致と云えるでしょう。
又自転車では出来なかった「走行時/停車時」の姿の両方が選べるように、スタンドパーツを2種類入れましたので、お好みのシーンが選べるのも喜んで頂けるはずです。
接着剤で固定しなければ、一台で両方のシーンを楽しむことが可能です。
「自転車」と共に、レイアウトの脇役として、あなただけのシーンをお楽しみください。

余談ですが、上記カタログで予告した残るひとつ「ルノー」は製品化を中止しました。
時代の流れと共に、やるならもっと他にやるべき車種があるのを感じています。

(あ)


2019年4月18日 「天賞堂 鉄道模型 銀座本店」新店舗開店。

画像の説明 画像の説明

ビル建て替えの為、3月に閉店した、天賞堂さんの新店舗が完成、明日のオープンを前に今日内覧会が行われました。メーカー、問屋、小売、出版等の業界関係者の他、一般マスコミの取材もあり、流石に銀座の老舗は格が違うと思わされました。
場所は表通りではないものの、「松屋」の脇を入れば2本目の角で、1階がJTB、赤い鳥居も目印となる非常に分かりやすい場所です。
従来は階段で3,4階まで上がらなくてはならなかったのが、エレベーターで4階へ直行で便利です。
Nや情景関係を止め、16番のブラス製品を中心に絞った為(Z,TT,OJもあります)、ワンフロアですが、スッキリとした売り場の印象でした。
各社製品も豊富で、眺めるだけでも楽しめるでしょう。
当社製品も、従来通り取り扱って頂きますので、ご利用ください。

画像の説明 画像の説明 画像の説明

新たに「企画展示ケース」が設けられ、今回は「お召列車」をテーマに、歴代の機関車製品が展示されていて圧巻です。名作「151系」も並んでいました。

24日に発売予定の新製品「151系」も展示されていて、発売が待たれます。

私は木造2階建ての頃から知っていますが、あの階段を上がる時のときめきは忘れません。
やはり天賞堂さんは、いつの時代でも鉄道模型のトップブランドとして輝いていて欲しい存在で、新店舗も更なる進展を期待しています。

(あ)


2019年4月10日 KKC「蒸機を作ろう」が出版されました。

swfu/d/20190410123318_00001_R_1.jpg

まず「KKC」をご存じない方のために。
「KKC」とは「古典機、軽便、そして地方鉄道」の略号で、1996年4月に結成された蒸機工作愛好家のグループです。母体はそれ以前、すでにTMSに多くの記事を発表され、仙台を拠点に活動していた「JALCO」メンバーが中心でした。
そして「蒸機を作る」の平野和幸氏をはじめ、指向を同じくする会員はすでに100名を超え、著名モデラーがずらりと名を連ねています。
隔月刊の同人誌も135号を数えていますが、その内容は一般模型誌とは比較にならないレベルの高さで、毎号読むたびに「これがもっと多くの人に読んでもらえたら、素晴らしいことなのに」と思っていました。
それがやっと今回自費出版の形で、皆様に見て頂けることになった訳です。
この種の工作技法の本としては、菅原道雄氏による「鉄道模型工作技法」が長く普及していましたが、すでに絶版で今回の出版はそれに加えて応用編とも云える製作記事もあることで、より価値あるものとなっています。

swfu/d/20190410153905_00001_R.jpg

A4/219Pの内容は巻頭の古典機作品がカラーの他はモノクロですが、写真やイラストも豊富で、主となるスクラッチビルドの為の工作技法の他、工具、素材の解説も非常に役に立つものばかりです。各自が長年の工作体験の中から得た門外不出の秘技やヒントが満載された、空前絶後の工作指南書と云って良いでしょう。
この本には「C62、D51」のような制式機は登場しません。蒸機工作が趣味と云っても大半の方は制式機が対象だと思いますが、工作技法の基本は全く共通です。電車しか作らない方でも、金属パーツをひとつでも使うには、ケガキ、穴開け、ハンダ付け等の技法の必要性を感じるはずです。
コレクター以外の全てのモデラーに、この本をお勧めいたします。

「蒸機を作ろう」  KKC会員有志分担執筆  KKC事務局刊行
    ¥2,500(税込・〒360) 当店にて販売中

なお5月19日(日)軽便祭と同じ綿商会館にて「KKC作品展」が開催されます。初めての一般公開ですから、是非お出掛けになってみて下さい。

(あ)


2019年2月22日 旧型国電キット、委託品入荷!!

旧型国電キットの委託品入荷致しました。
 キット(車体パーツ一式付属)
クモハユニ64 飯田線 前期
クモハ54 110 飯田線
クモハ60 029~126
モハ51 011~026 原型 半流

 車体のみ(前面、妻板、床板、アングル等は付属)
クハ68 407 平妻
クハ68 418 平妻
クハ68 200 平妻
クハ68 211 更新 平妻
クハ68 211 原型 平妻

それぞれ複数本ありますが、一部一本限りの物もあり。

2月23日(土)より販売

完売しました

※電話でのお問い合せはお答えできません。
※通信販売のご利用は出来ませんご了承下さい。
※委託品のため返品交換・部品欠品などには対応できません。
※お支払いは現金のみになります。


2019年1月24日 旧型国電キット、委託品入荷!!

旧型国電キットの委託品入荷致しました。
 キット(車体パーツ一式付属)
クモハ43 810 半
クモハ40 050 平
クハ55 200 半
クモハユニ64 000 飯田線 前期
クモハユニ64 000 飯田線 後期

 車体のみ(前面、妻板、床板、アングル等は付属)
クハ68 412
クハニ67 901

それぞれ複数本ありますが、一部一本限りの物もあり。

1月25日(金)より販売

完売しました

※電話でのお問い合せはお答えできません。
※通信販売のご利用は出来ませんご了承下さい。
※委託品のため返品交換・部品欠品などには対応できません。
※お支払いは現金のみになります。


a:97394 t:99 y:117

powered by HAIK 7.3.4
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional